Movable TypeWordPress の比較をバトル形式で書くシリーズ記事「Movable TypeとWordPress十番勝負」。
前回はMovable Typeが伝家の宝刀「静的生成」でWordPressのプラグインによる追撃をかわしましたが、果たして連勝なるでしょうか。

勝負2:バズった時の落ちにくさ

見たいサイトが落ちている(エラーが出る)と、それだけでせっかくのお客さんを逃すことになってしまいます。
ページの一部だけ見れない、というのであればブックマークに登録して後で見てみよう、という優しいユーザーさん(またはコンテンツに非常に興味のあるお客さん)もいるかもしれませんが、大抵はもうその時点で諦めてしまうと思われます。
まあ普通の趣味のサイトであれば、サーバーが落ちるのも人気サイトのステータスの一つ、と言ってしまってもよいのですが、そのサイトでアフィリエイトとかしてる場合や、通販サイトへのリンクがあったりとか言う場合には、大人の世界で言うところの「損害」というものが発生してしまうかもしれません。
Yahooのトップページで紹介されたり、Twitterなどでリンクを張られたりすると、アクセスが異様に増加します(これを最近はバズと呼びます)。そういう時に、なるべく一度もサーバーエラーを出さずに訪問者を迎え入れてあげたいものです。
というわけで、今回は「バズった時の落ちにくさ」でVSバーサスしてみようと思います。

Movable Type:スクリプトの実行はない。よってバズに強い。

前回の勝負で述べた通り、Movable TypeはあらかじめHTMLを生成しておく「静的生成」タイプのブログツールです。
よってサーバーにアクセス集中が起こっても、サーバーがやってることは、単純に「既に生成されているhtmlを使う」ということだけで、何かそれ以外のスクリプトが動く、ということは基本的にありません。従って、サーバーが落ちる要因となるポイントは特にありません。
一方のWordPressはどうでしょうか?

WordPress:原則的にPHPスクリプトの実行は起こるので、バズると弱いかも

これも先の勝負で述べましたが、WordPressはアクセスが起こった時点で「ユーザーがURLにアクセス→WordPressがデータベースにアクセス→htmlを生成→htmlを表示」という処理が発生します。データベースへのアクセスとhtmlの生成にはPHPスクリプトを実行しなければいけません。これはサーバーエラーを起こす要因となり得ます。サイトの規模や実行されるスクリプトが複雑化すればするほど(つまりテーマ内部のコードが複雑であれば複雑なほど)スクリプト実行による負荷は高まり、サーバーは落ちやすくなるのです。
これではユーザーアクセス時にスクリプトを全く実行しないMovable Typeと勝負できません。どうすればいいのでしょう?

そうだ、凶器アレ使おう

ああっと、ここでWordPressが凶器アレを取り出しました!
「キャッシュプラグイン」です!

困ったときにはキャッシュプラグイン、という感じになってしまってますが、果たして生成したhtmlを保管しておくキャッシュプラグインを使うと、バズに強くなるのでしょうか?

結論から言うと、かなり強くなると言えます。しかし、それでもphpスクリプトの実行は必ず起こります。なぜなら、キャッシュしたhtmlへのアクセスは、phpを介して行われるからです。(キャッシュプラグインが生成したhtmlにユーザーがアクセスするような設定になっていればその限りではありませんが、キャッシュがある時はhtmlにアクセス、無いときはphpを実行、という設定は必ずサーバー動作を変更するためのファイルの書き換えを伴いますので、大抵は推奨されてません。いわゆる「(特に)自己責任で使ってね」「素人にはおすすめできない」というやつです。)
つまり、キャッシュプラグインを使ってもスクリプトの実行は原則的には避けられない、ということになります。

どっちが優位か、というと、やはりあれこれ工夫しなくても特別な負荷のかからないMovable Typeでしょうね。というわけで、

バズった時の落ちにくさ対決の結果:Movable Typeの勝利

またしてもMovable Typeの勝利です!
現在の成績は、MovableType2勝、WordPressはまだ0勝です。
Movable Type派の私としてはかなり気分がいいですが、この勢いは続くのでしょうか。
そして次回、WordPressは逆襲できるのでしょうか。乞うご期待!

Movable Type:スクリプト実行がないため、サーバーに特別な負荷がかからない。軽い。
WordPress:基本的に必ずスクリプトは実行されるので、Movable Typeと比べると負荷高め。キャッシュプラグインの使用と設定で限りなく負荷を減らすことはできる……が、あまり極端な設定は素人にはおすすめできない。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone