サジェスト機能もあるよ
サジェスト機能もあるよ

“弘法筆を選ばず”といわれます。
一般的には「道具のせいにしたらあかん」という意味に解釈されていることわざです。
決して「弘法は自分で筆を選ぶだけの知能がなかった……」という意味ではありません。

その一方で、もしあなたがライトノベル作家を目指して小説の公募によく応募している人なら、私が一次選考を突破できないのはどう考えても道具が悪いという状況もあるかもしれません。
そういう場合は、道具を変えてみる、という発想も必要になってくるでしょう。弘法さんも「俺は選ばんよ」なんて言ってますが、「本当は俺も選べるもんなら選びたかった」と言い遺して壮絶な死を遂げたのではないでしょうか。知らないけど。

続きを読む »

これですよこれ。Blurry Textって。コード部分引用。普通のCSSです。

.blur {
  color: transparent;
  text-shadow: 0 0 5px rgba(0,0,0,0.5);
}

超簡単ですね。これだけでぼかせますよ。
あんな単語やこんな単語をぼかせます。ぼかし具合は5pxってところを変えればOK。

注意点というか注目点としては、色指定にrgbaを使ってるとこでしょうか。rgbは赤緑青、を0から255で指定しますが、aが付くとその後ろに透明度を0から1の間で指定します。0が透明、1が不透明です。まあ透明度指定しなくてもぼかしてるように見えますけど、半透明な方がよりぼやけて見えますね。

続きを読む »

前編・調査結果編を読んでない方はこちらから。

というわけで、電撃小説大賞の都道府県別受賞者数のデータ、いかがでしたでしょうか。
おさらいすると、以下の道及び県、および国外からは未だ受賞者が出てません。

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 群馬県 富山県 福井県 山梨県 岐阜県 和歌山県 島根県 岡山県 山口県 徳島県 香川県 高知県 佐賀県 長崎県 宮崎県 沖縄県

つまり以上の場所に住んでいるあなたはラッキーです。
県下(北海道は道下って言うのだろうか)初の電撃作家になってくださいね!

続きを読む »

あなたがWeb系以外のライトノベルの小説公募に興味があるなら、「電撃大賞」(あるいは「電撃文庫」)という名前は知っていると思います。
今回で二十三回目にして二十三年目、という古参の公募。それゆえに認知度も競争率もかなり高い競争レースといえます。

ところであなたがもし地方在住なら、「自分の出身地からは受賞者は出ているのか?」というのを、純粋な好奇心でもって考えたことがあるのではないでしょうか。
今回はそれをあえて調べてみたので、結果をご紹介します。

ちなみに先に言うと、受賞者は延べ120名くらいです。うち出身地が判明したのは110名くらい。なんだかこれだけいれば一人ぐらいはいる気がしませんか?
さあ、あなたの住んでいる都道府県は、果たして受賞者を輩出しているのでしょうか?

続きを読む »

夏だなぁ
夏だなぁ

Google 画像検索。これ結構便利なんですよね。
例えば「花火」と検索すればこのとおり。画面いっぱいに花火ですよ。キレイですね!
私の住む街でもそろそろ花火大会の季節です。そんなに大規模でものはなくどこでもやってるようなレベルですけどね。

そんなGoogle 画像検索ですが、思いもよらない検索結果が出ることもまあまああります。戦艦の名前で検索したら二次元の女の子の絵が出てきたりとか。
しかし今回お伝えするのはそういうものではなく、画像検索をしていたところ、本当にわけのわからない、というかぶっちゃけわけがわからなさすぎて若干気味が悪いものが現れた、というシロモノです。

続きを読む »

3 / 912345...最後
スポンサーリンク