あなたがWeb系以外のライトノベルの小説公募に興味があるなら、「電撃大賞」(あるいは「電撃文庫」)という名前は知っていると思います。
今回で二十三回目にして二十三年目、という古参の公募。それゆえに認知度も競争率もかなり高い競争レースといえます。

ところであなたがもし地方在住なら、「自分の出身地からは受賞者は出ているのか?」というのを、純粋な好奇心でもって考えたことがあるのではないでしょうか。
今回はそれをあえて調べてみたので、結果をご紹介します。

ちなみに先に言うと、受賞者は延べ120名くらいです。うち出身地が判明したのは110名くらい。なんだかこれだけいれば一人ぐらいはいる気がしませんか?
さあ、あなたの住んでいる都道府県は、果たして受賞者を輩出しているのでしょうか?

続きを読む »

夏だなぁ
夏だなぁ

Google 画像検索。これ結構便利なんですよね。
例えば「花火」と検索すればこのとおり。画面いっぱいに花火ですよ。キレイですね!
私の住む街でもそろそろ花火大会の季節です。そんなに大規模でものはなくどこでもやってるようなレベルですけどね。

そんなGoogle 画像検索ですが、思いもよらない検索結果が出ることもまあまああります。戦艦の名前で検索したら二次元の女の子の絵が出てきたりとか。
しかし今回お伝えするのはそういうものではなく、画像検索をしていたところ、本当にわけのわからない、というかぶっちゃけわけがわからなさすぎて若干気味が悪いものが現れた、というシロモノです。

続きを読む »

作家を目指す人なら、自分に合ったテキストエディターを求めてネット上を彷徨ったことがきっとあるでしょう。
私もパソコンに触り始めた当初からいろいろと使ってきました。その当時まだシェアウェアではなかったEmEditor(アイコンのダサいやつ)に始まり、しばらくはTeraPadを使い続け、CSSとか本格的に書き始めたのでHeTeMuLu CreatorとかStyleNoteとかの多機能エディターを通常のエディターと兼ねて使うようになり、でもそれだと流石に扱いにくいのでやっぱりサクラエディタとかも使ってみたりしつつ、ここ一年ぐらいは個人使用ならフリーのEmEditorに戻っていたところです。

続きを読む »

先月の話ですが、ついにFirefoxがルビに対応して、モダンブラウザーでルビが表示できないブラウザーがなくなりましたね。もう苦しむことはない、ルビを表示するためのタグを書けばそれだけでルビが表示されるのです。アラブの春というのがありましたがこれはまさに「ルビタグの春」と呼んでいいでしょう。語呂なんて気にしない。

続きを読む »

例えば、小説投稿サイト・小説家になろうに掲載した作品を、電撃小説大賞に投稿してもいいのでしょうか。
え? 何がアカンの? と思う人もいるでしょうが、応募要項には、平たくいうと「未発表の作品じゃないとダメ」「同じ作品を他の公募に同時に送っちゃダメ」と書かれているのです。
じゃあ「問答無用でダメやん、世界に向けて『発表』してるやん」……とも思える訳ですが、同じページには「営利を目的とせず運営される個人のウェブサイトや同人誌等での作品掲載は、未発表とみなし、応募を受け付けます。(ただし、必ず掲載したサイト名または同人誌名を明記してください)」とも書かれています。
となると、「小説家になろう」が営利目的のサイトかどうかが問題になってくるわけです。

さあ、「小説家になろう」は営利目的なのでしょうか? それとも営利目的ではないのでしょうか?
いやまあ、どう考えても営利目的なんですけど、そこをなんとかなりませんか、というのが当エントリの趣旨です。

続きを読む »

スポンサーリンク