スポンサーリンク

TopeconHeroesさんといえば、とてもよい品質のフリー素材を無償提供されていることで有名ですが、この度アイコンの配布を開始されたようです。
単色アイコンなので、デザインのワンポイントとしても使えそうです。

アイコンを使いたい。そう思ったら、「ICOOON MONO」で検索するとすぐ出てきます。
Oは3つです。4つでも5つでも出てきますが、3つが最もスマートだと言えます。
もちろんブックマークするのが一番スマートですけどね。

素晴らしいところ

素晴らしいところ1:とりあえず数が多い

左上に書いてありますが、既に1000以上のアイコンがあるらしいです。
アイコンを作るというのは職人芸的なところがあり、インスピレーションも大事です。蛇口の水のように、頭を捻ればどばどばと出てくるような類いのものではないため、1つ作るのに思わぬ時間を費やしてしまうこともあるのではないかと思います。
デザインとアートは違う、とよく言われますが、アイコンはもしかしたらアートにも近いかもしれません。

素晴らしいところ2:種類が多い

人物、グッズ、食べ物や飲み物、各種マークの他、時限爆弾やクラーケンなどもあります。
何を言っているのかよくわからないと思いますが、クラーケンのアイコンがほしいというタイミングというのは稀にあるでしょう。
稀です。頻繁にあるわけではないです。しかし3年に1回くらいはあると思います。備えあれば憂いなしという諺を体現した素材サイトと言えます。

素晴らしいところ3:複数フォーマット。特にSVGでダウンロードできる

手軽に使えるPNG・JPG、ベクターデータのAiファイル、EPSファイル、果てはSVG形式までダウンロードできます。
.svgは、.pngとか.jpgと同じように、imgタグとかスタイルシートで普通につかえる画像形式です。
SVGは、どんなに拡大してもぼやけたりしない、という利点があります。これはすなわち、先述のクラーケンのアイコンを模造紙サイズに引き延ばして印刷しても大丈夫、ということを意味します。
クラーケン以外では、レクリエーション等に使う大きな張り紙にアイコンを大きく印刷する、といった使い方も現実的と言えるでしょう。

素晴らしいいところ4:サイズも色も変えられる

16pxから512pxまで、気の利いた7段階のサイズ選択があります。
さらに色も変えられます。いくつかの色から選んでね、というのではなく、ちいさなカラーピッカーが出ます。
大げさに言えば、1677万色の中から1色選べるということになります。逆に言えば、1676万9999色を切り捨てるという豪華な行為を楽しむことができるともいえます。
さらに言えば1日1色違う色を選ぶとしても一年で365色、100年生きたとしても36500色しか使うことができません。
これはもう多分人類が滅亡するまで大丈夫です。

素晴らしいところ5:一括ダウンロードとかスプライト用画像生成などがある

率直に言うと素材配布サイトで「複数のアイテムにチェック入れて一括ダウンロード」というのは見たことがありますが、CSS用のスプライト用画像を生成してダウンロードできる機能というのは初めて聞きました。
わたしはスプライトではなく画像はひとつひとつ用意したい人間なのですが、スプライト一直線の人にはありがたい機能かもしれません。

素晴らしいところ6:アイコン一つ一つに使用場面とかのコメントが付けてある

アイコンを作るだけではなく、こういうところにも気を配るというのはステキなことです。
きっと中の人はモテるに違いありません。
わたしも後学のために一度モテてみたいです。

総括:これだけスゴいのに無償なのが素晴らしい

使用時に著作権表記の必要もないので、雰囲気を重視したいサイトでも使いやすいかと思います。

今のこのサイトはWordPressのテーマをそのまま使ってるので「ICOOON MONO」のアイコンは使っていませんが、独自のテーマを作るときには是非使わせてもらおうと思ってます。
皆様も、これこれこういった感じのアイコンが欲しい……、と言う時は覗いてみたらイメージに合致するアイコンがあるかも。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone