タグ「CSS」

これですよこれ。Blurry Textって。コード部分引用。普通のCSSです。

.blur {
  color: transparent;
  text-shadow: 0 0 5px rgba(0,0,0,0.5);
}

超簡単ですね。これだけでぼかせますよ。
あんな単語やこんな単語をぼかせます。ぼかし具合は5pxってところを変えればOK。

注意点というか注目点としては、色指定にrgbaを使ってるとこでしょうか。rgbは赤緑青、を0から255で指定しますが、aが付くとその後ろに透明度を0から1の間で指定します。0が透明、1が不透明です。まあ透明度指定しなくてもぼかしてるように見えますけど、半透明な方がよりぼやけて見えますね。

続きを読む »

【2016年1月9日追記】
有り難いことに当記事へのアクセスが増加しているのですが、それに伴いこんな内容を公開しているのがなんだかはずかしくなってきたので、近日中にまともな内容に再編集します。

【2016年1月31日追記】
再編集というか、この記事の内容を改善して、プラグインとして公開しました:WordPressの投稿でルビや圏点(傍点)をとても簡単に入力できるようになるかもしれないプラグイン「Simple Ruby」をドヤ顔で公開します

WordPressプラグインじゃなくてコードが欲しいんだけど、という方へ:
ご面倒をおかけしますが、HTMLマークアップは上記記事の末尾を、CSSは配布しているzipの中にあるcssファイルをご参照ください。

下記の内容は古くなってしまいましたが、筆者が必死なのが面白いので残しておきます。技術的に不確かな部分があるかもしれません。ご注意ください。

シンプルな記述方法でルビ(ふりがな)と傍点を振れるWordPress用のコードを公開します。

WordPressのエディターには、ルビとか傍点をふる機能は標準では付いてません。
そこでエディターのツールバーにルビボタンを追加できるWP-Yomiganaプラグインのお世話になるわけですが、当ブログの作者のように比較的知能が低く面倒くさがり屋であると「紙で書くならフツーに文字の上なり横なりに小さく書けばいいだけなのに何でWordPressで書く時はボタンを押さないといけないのぉぉ」などとどうしても無茶なことを考えたりします。

しかし十人十色ということで、もしかしたらこの投稿を読んでくれているあなたも、文章にルビを振りたい人で、かつ私と同じくらい面倒くさがり屋かもしれません。
そういう場合はこの投稿の内容は少し役に立つかも。

続きを読む »

最近Chromebookってあんまりニュース聞かなくなったけどどうなったんだろう。
Windowsがwith Bingで無料化しちゃったので安さの面では横並びっぽいし、Chromebookを積極的に使ってるっていうブログ記事もあんまり見ない気がする。やっぱり日本ではまだまだ普及してないんだろうか。
やっぱり趣味で使うというよりは教育用とか仕事用とかなんだろうか。オフィスっぽいツールとメールソフトがあるから必要十分ではあるけど。

続きを読む »

スポンサーリンク