タグ「おすすめ」

日本語ワープロソフト一太郎

小説を書く環境に求められるのは、なんといってもストレスフリーであることです。
ストレスフリーどころか逆に騒音溢れるスタバでシャレオツにキメる人もいるとかいう噂ですし、ストレスの全てが悪いというわけではないはずですが、基本的には望まないストレスからはフリーでいたいものです。

かの文豪・夏目漱石は、原稿用紙は相馬屋のものを愛用していたそうです。翻って我々はコンピューターで小説を上梓しようというわけですが、漱石が原稿用紙にこだわったようにワープロソフトウェアにもこだわろうじゃねえか、というわけなのです。

そういうわけで、今年の3月ぐらいに有名ワープロソフト「一太郎」を試しに使ってみたところ、他のワープロソフトと比較して色々と素晴らしく、現在はメインのワープロソフトに成り上がっています。色んな意味で、小説家向きのワープロソフトだと思います。

この記事では、一太郎のどういう点が小説の執筆に向いていると思ったのかについてまとめてみました。

続きを読む »

サジェスト機能もあるよ
サジェスト機能もあるよ

“弘法筆を選ばず”といわれます。
一般的には「道具のせいにしたらあかん」という意味に解釈されていることわざです。
決して「弘法は自分で筆を選ぶだけの知能がなかった……」という意味ではありません。

その一方で、もしあなたがライトノベル作家を目指して小説の公募によく応募している人なら、私が一次選考を突破できないのはどう考えても道具が悪いという状況もあるかもしれません。
そういう場合は、道具を変えてみる、という発想も必要になってくるでしょう。弘法さんも「俺は選ばんよ」なんて言ってますが、「本当は俺も選べるもんなら選びたかった」と言い遺して壮絶な死を遂げたのではないでしょうか。知らないけど。

続きを読む »

止めちゃった。

遅いかもと言ってくるけどそんなに遅くはない(と思う)
遅いかもと言ってくるけどそんなに遅くはない(と思う)

Windowsの自動インデックス機能というのは、ユーザーが何もしてない時に、Windowsが裏でこっそり自動的にファイル検索用の索引インデックス、極端に言えば検索で使うためのファイル名一覧を作ってくれる機能です。
ファイル一覧がないと、一つ一つファイルの名前を確認する→検索ワードにマッチするものをリストに挙げる、としなければなりません。これは大変です。マシンパワーも要るし、遅いかもしれません。
一方ファイル名一覧を作っておけば、その中を検索するだけで同じ結果が得られます。超速くてスマートです。まあ頭いい人がいるもんですね。

続きを読む »

他の人がそうであるように、私もまたライトノベル作家になりたいと思っています。

ラノベだろうと純文学だろうと、作家志望の人間というのは、裏でこっそり書いていたい作品というものがいくらでもあります。表に公開されるものは、裏でそれこそ無駄打ちと言っていいほど書いている分量の一割ぐらいじゃないでしょうか。色んな事情でただ公開していないだけなのです。
こっそり書いてそっと隠しておきたい。間違ってもうっかり公開なんかしたら死んでしまう。そういうテキストがある場合、普通のブロガーなら「別ファイルに記事を書いて保管しておく」という行動に出ますが、作家を目指すブロガーはそんな二度手間なことはしたくないとか、すぐ公開したくなった時に備えたいとか言って「WordPressに直接書いて、下書き状態にしておく」という手に出ます。なぜならば、かれらは大抵は「めんどくさがりや」だからです。

続きを読む »

スポンサーリンク