タグ「WordPress」

【2016年1月9日追記】
有り難いことに当記事へのアクセスが増加しているのですが、それに伴いこんな内容を公開しているのがなんだかはずかしくなってきたので、近日中にまともな内容に再編集します。

【2016年1月31日追記】
再編集というか、この記事の内容を改善して、プラグインとして公開しました:WordPressの投稿でルビや圏点(傍点)をとても簡単に入力できるようになるかもしれないプラグイン「Simple Ruby」をドヤ顔で公開します

WordPressプラグインじゃなくてコードが欲しいんだけど、という方へ:
ご面倒をおかけしますが、HTMLマークアップは上記記事の末尾を、CSSは配布しているzipの中にあるcssファイルをご参照ください。

下記の内容は古くなってしまいましたが、筆者が必死なのが面白いので残しておきます。技術的に不確かな部分があるかもしれません。ご注意ください。

シンプルな記述方法でルビ(ふりがな)と傍点を振れるWordPress用のコードを公開します。

WordPressのエディターには、ルビとか傍点をふる機能は標準では付いてません。
そこでエディターのツールバーにルビボタンを追加できるWP-Yomiganaプラグインのお世話になるわけですが、当ブログの作者のように比較的知能が低く面倒くさがり屋であると「紙で書くならフツーに文字の上なり横なりに小さく書けばいいだけなのに何でWordPressで書く時はボタンを押さないといけないのぉぉ」などとどうしても無茶なことを考えたりします。

しかし十人十色ということで、もしかしたらこの投稿を読んでくれているあなたも、文章にルビを振りたい人で、かつ私と同じくらい面倒くさがり屋かもしれません。
そういう場合はこの投稿の内容は少し役に立つかも。

続きを読む »

他の人がそうであるように、私もまたライトノベル作家になりたいと思っています。

ラノベだろうと純文学だろうと、作家志望の人間というのは、裏でこっそり書いていたい作品というものがいくらでもあります。表に公開されるものは、裏でそれこそ無駄打ちと言っていいほど書いている分量の一割ぐらいじゃないでしょうか。色んな事情でただ公開していないだけなのです。
こっそり書いてそっと隠しておきたい。間違ってもうっかり公開なんかしたら死んでしまう。そういうテキストがある場合、普通のブロガーなら「別ファイルに記事を書いて保管しておく」という行動に出ますが、作家を目指すブロガーはそんな二度手間なことはしたくないとか、すぐ公開したくなった時に備えたいとか言って「WordPressに直接書いて、下書き状態にしておく」という手に出ます。なぜならば、かれらは大抵は「めんどくさがりや」だからです。

続きを読む »

今はブログツールと言えばほとんどWordPress一択という感じですが、かつては「Movable Type」というブログツールの方がよく利用されていました。
わたしはどっちもよく使うので、どっちのメリット・デメリットもそれなりに把握しているつもりです。なので、どちらかだけ知ってる、という人に、もう一方がどんな感じなのかを紹介する意味でも、Movable Type と WordPress の比較を、バトルという形式で書いてみようと思います。

いろんな項目を比較してみて、それぞれについて勝負してみましょう。
一体どっちが勝つのでしょう。Movable Type派の私としては超楽しみです!

続きを読む »

2 / 212
スポンサーリンク