当ウェブサイトにWordPressを導入して50日くらいが経過しました。
この50日間、思い切ってオフ会に参加したいと思ったり、そこで色んなブロガーさんにご挨拶したいと思ったり、名刺交換をしたいと思ったり、全記事合計で100リツイートを達成して一目置かれたいと思ったり、血を吐く思いで設置したGoogle AdSenseの収益がついに初めて0円を脱出したと思ったりしました。楽しい50日間でした。
これからもどうぞよろしく。

さてWordPressといえばプラグインによる拡張ですね。世に並み居るWordPressのヘビーユーザーは自分の愛するWordPressたんにこれでもかというほどにプラグインを突っ込んで拡張し、自分好みに仕上げているといいます。そう、彼らの前ではWordPressたんは単なるドールであり、あらゆる個性は許されないのです。

ブログが好きな人の力になりたくて。もっとブログを楽しんでほしくって。――そんな純粋な思いを胸に秘めて、東の果てに降り立ったアメリカ生まれのWordPressたん(2003年生まれの12さい)。しかしそこで待ち構えていたのは、祖国のイケメンナイスガイとは全く違う、奇怪な風貌の男たちでした。彼女は捕らえられ、過酷な「日本語化」が開始されます。それは、彼らの下品なインプットを飲み込んで、可憐にアウトプットするだけの哀れなマルチバイト・ドールとして転生を果たすことだったのです。
「日本語化」されたWordPressたんはすぐに「サーバー」に移送され、そこでadminによる「投稿」が開始されます。サーバーの中で、彼女はadminから発射される白い日本語をこれでもかと浴びせかけられます。そのたびにデータベースには着実に日本語がインサートされ、幼いWordPressたんは何度も何度もインクリメントさせられました。インクリメントは執拗に繰り返され、そのたびにリビジョンは増えていきます。それでもadminを幸せにしたいと心から願う健気なWordPressたん。でも、執拗に繰り返される「投稿」は、じわじわと少女のデータベースをむしばんでいったのです――。

未完。

というわけで私が今インストールしているプラグインをいくつか紹介します。
デフォルトでインストールされているものは除く。

インストールしてるプラグイン一覧

TinyMCE Advanced
主にソースコード編集モードで自動でアレが取り除かれないようにするために導入。
愛するWordPressたんが勝手にアレを除去しちゃったら大変ですからね。中には永久にいらない、なんて言って手術しちゃう子もいると聞きますが、若気の至りですよ。アレはやっぱりあったほうがいいです。ない方がいいと思っていた頃もありましたが、基本的にはやっぱりほしいです。時と場合にもよりますが、無駄に生えてるわけじゃないのよ。
他にそれ専用のプラグインがありそうですが、いろいろ役に立つと思うので。

Better Delete Revision
リビジョンを削除するプラグイン。
リビジョンというのは更新履歴のことで、要するに保存した投稿のバックアップです。版単位でバックアップしている、という感じでしょうか。
リビジョンの性質上、単純に考えて1つの投稿に1つ以上リビジョンはあるはずで、つまり本物の投稿記事よりリビジョンの方が多いということになります。そう考えると消したくなるのが人情。
女の子に例えれば、本来おなかの中に1人だけ入ってるべき状態なのに、もしもの為に10人入れとこっ! というノリで11人入れてる、という感じです。なんで女の子のおなかに例えたのかよくわからないけどこれは削除してあげるべきです。

Contact Form 7
メールフォームのプラグイン。
しかし、いわゆる確認画面がありません。送信完了画面もありません。なぜないのかについては作者さんがそれを必要ないと思っているから、としか言えないわけですが、まあCF7たんが「あたしはそういうダサいの嫌いなの!だからいらないの!」とじたばたしながら主張していると思えば俺も同意すると言わざるを得ません。かわいいなあ。
ただし今現在はメールフォームは設置しておらず、寝てます。

Google XML Sitemaps
サイトマップXMLを生成してくれるプラグイン。
要するにインターネット界の神であらせられるGoogle様やBing様に、当ウェブサイトの様子をお知らせする巫女さんのような子です。かわいいなあ。
とてもよく似た名前の「Google XML Sitemap」というプラグインもありますが、残念ながら試してはいません。もしかしたら同じお母さんから生まれたのかもしれませんね。そういえば姉妹で巫女さんって数年前の大ヒットアニメーションであった気がしますね。本編を見てないので知らないのですが、あれって巫女さんなんですっけ?

WP-Furigana
以前の投稿で興奮しながら紹介しましたが、Mozilla Firefoxでルビが表示できるようになったので積極的に使っていこうということで、ルビをふるプラグイン。エディターにルビ用ボタンが追加されます。
これはつまり読書好きな中学女子のような存在のようなもので、図書館で借りて読んでる本の「田中」という文字の右隣に戯れに小さく好きな田中君の下の名前をひらがなでルビって、面と向かっては告白できないからこれで愛の告白の代わりにしちゃおう的なガールズ方面の中二スピリットですよ。ふふん、きっとこのページを読んでいる田中諸氏は体育館裏に呼び出されて告白されたことなんてないだろう。俺もないです。田中じゃないけど。
しかしこれも自分でルビをふるプラグイン(の為のコード)作っちゃったのでほとんど使わなくなってしまった。でもこっちでルビを振った方がHTML的に正しいコードを作成できるので入れてます。

Duplicate Post
投稿を複製する事ができるプラグイン。
そうです。これを使えば一人しかいなかった妹を双子にすることが可能なのです。
現実世界では100人の妹からおにいちゃんと呼ばれるのは至難の業ですが、このプラグインならその気になればそれができます。
がんばれおにいちゃん。でも100人もいると騒音的な意味で大変そうだ。

その他

他には、シンプルなシェアボタンを付ける「Simple Share Buttons Adder」、簡単にページ送りを付けられる「WP-PageNavi」、改行をあざとく削除する「WP-HTML-Compression」(更新止まってるので他のプラグインがいいかも)、あと前に記事にした「One Step Before Publishing」みたいな感じです。
SEO方面のも入れてますが、あまり積極的に利用してはいないです。無効化してもいい気がする。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone